赤くすみに化粧水でしっかりと潤いを与えることは効果的…

くすみや赤くすみは深刻な悩みのひとつでもあります。

メイクをする際にとても気になる人も少なくありません。

くすみにはさまざまな原因がありますが、大きく3つの原因があります。


まず一つ目が乾燥によるくすみです。

私たちのお肌は乾燥して潤い不足になるとお肌の水分は奪われてしまい結果お肌表面のキメが乱れやすくなります。

同時に本来なら理想的な周期で不要な角質が剥がれるべき古い角質も蓄積されやすくなるのです。

乾燥によるくすみはお肌の透明感を奪い瑞々しい潤いに満ちたお肌とは程遠い見た目です。

とくに赤くすみタイプのくすみを持つ方はゴワゴワはカサカサとした肌をしているのが特徴です。

ターンオーバーが遅くなっているため角質肥厚が起きているのが原因です。

古い角質が剥がれず蓄積されることで角質肥厚となりお肌の色が赤黒くなってしまうと考えられます。

乾燥と角質肥厚は赤くすみタイプには気を付けたい点です。


二つ目は生活習慣です。

便秘や睡眠不足、喫煙や身体の冷えなどの影響を受けているのです。

さらには食生活にもそれはおよび日常生活のなかで甘いものを食べ過ぎている自覚のある方も要注意です。


最後はメラニン色素によるものです。

紫外線対策が万全でない場合や、外線を浴びた後のお肌のお手入れを疎かにした人、普段のスキンケアからお肌をたたいたり、強く擦るなど摩擦などの刺激がメラニン色素を作ってしまう原因になります。

それによりくすみが起こります。

さらにはこのメラニン色素が排出されないままずっとお肌に残ってしまうことで色素沈着となりくすみやすくなります。

このようなくすみや赤くすみ対策にはお肌に必要な潤いをしっかりと与えてあげることが大切です。

赤くすみに化粧水でしっかりと潤いを与えることは効果的です。


化粧水はハンドプレスで優しく丁寧にお肌につけてあげるのがポイントです。

またくすみ対策に有効な成分を含んだ化粧水を使用することも有効です。

美白化粧水が最適ですが、選ぶ基準として医薬部外品であること、そして薬用であることを確認します。

この2点を重要視する理由は厚生労働省がお肌に対して何らかの効果があると確認した美白成分が配合された化粧品であることを示すのが理由です。

成分としては ビタミンC誘導体や4MSK、プラセンタエキスやトラネキサム酸などがあげられます。


また 保湿力が高いものを選ぶことも乾燥対策の面からみても重要です。

さらには年間を通して1年中使うことができるものを選ぶこともポイントです。

予防や対策には短期的ケアでなく、長期的ケアが必要です。


くすみに効く化粧品@おすすめ人気ランキング…シミがない美白の透明な肌を手に入れましょう!
ランキング

※参考になるサイトです→くすみに人気の化粧品


このページの先頭へ