人間の肌は角質層に水分を保持して、アレルゲンや紫外線、ほこりなどの汚れから肌を守る機能が備わっています。
これを肌のバリア機能といいますが、様々な理由によって角質層の水分が減ってしまい乾燥肌になると肌のバリア機能は低下してしまい、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。
乾燥肌になる要因は様々なことが考えられます。
まず挙げられるのが、加齢によるものです。加齢によってコラーゲンなどの潤い成分の生成がスムーズにいかなくなったり、ストレスや紫外線などによってダメージがあることで肌のターンオーバーが乱れしまう、間違ったスキンケアによる負担などが乾燥肌の原因になります。
乾燥肌になると肌トラブルも引き起こしやすくなるため、しっかり保湿をしていくことが大切です。

乾燥肌を防ぐための保湿を行うためには、スキンケアや生活習慣などを正しく行っていく必要があります。
まず、重要なのがクレンジングの仕方です。摩擦や洗浄成分などによって大きな負担がかかるため、なるべくダメージを最小限に抑える工夫をしていきます。
理想としては石鹸や洗顔料などで落とせるメイクをして、クレンジング自体を行わないほうが良いです。それが無理な場合には、目元や口元などの落としにくい部分は専用のポイントリムーバーを利用していきます。その上で、他の部分はクレンジングミルクなどの洗浄力は弱いですが、低刺激なものを使うなどをしていきます。そうすることで、保湿に必要な潤い成分を落としすぎないようにすることができます。
なるべく手早く落としたら、水気を切るときには強くこすらずにタオルで水気を吸い取るようにします。
スキンケアを行うときには、保湿を意識することが大切です。スキンケアは洗顔後すぐに行います。
化粧水は肌の水分を維持するために必要な角質細胞間脂質であるセラミドや、水分保持力のつい良いヒアルロン酸、潤い成分であるコラーゲンが同時に配合しているものがオススメです。
次に、これもセラミドの配合している美容液を使って肌に栄養を与えていきます。
また、そのまま放置しておくと水分は蒸発していってしまうことから乳液やクリームなどで油分を補うことで蓋をします。
このようなスキンケアを行うのと同時に、規則正しい生活やバランスの良い食事をして体の内側から整えることも大切です。
紫外線などのダメージを避けるためにも、日焼け止めなど紫外線対策をすることも肌の乾燥を防ぎます。