お肌がテカテカしてあぶら取り紙が手放せないという方、実は隠れ乾燥肌かもしれませんよ。

乾燥性脂性肌、インナードライとも呼ばれている肌タイプの特徴は、メイクをしてもすぐに崩れてしまうという一見脂性肌のような状態であるにも関わらず、内側は水分が足りずにカラッカラの砂漠状態であるということ。
たとえば、普段テカリに悩まされているのにコスメカウンターなどで水分量チェックしてみたら意外にも乾燥状態だと言われた経験がある方はこのタイプに当たります。
もしくは長い間脂性肌用のケアをしっかりとしているのに一向に改善しないという方も乾燥性脂性肌を疑ったほうがいいかもしれません。

乾燥性脂性肌は肌の内部の水分量が少ないがために、その乾燥を補おうと過剰に皮脂が分泌されている状態で、表面的にはべとっとテカっているからと脂性肌用のスキンケアを使ってどんどん悪化させるパターンも少なくはありません。
テカリが気になるからと洗浄力の強いクレンジングオイルと洗顔料のタブル洗顔をして、さらに化粧水だけしかつけなかったり、ふき取り化粧水を使ったりするのがその典型的な例です。

水分が足りなくてカラカラだから皮脂が過剰に分泌されるということは、つまり逆に言えばきちんと水分が蓄えられさえすれば皮脂も正常量しか分泌されないということです。
乾燥性脂性肌の方は、皮脂を取り除く・抑えるというケアから、水分をしっかり奥まで与えるケアに変えることが大切です。
だからといって、急にしっとり・こってりとしたものに変える必要はありません。
洗浄・脱脂力の強い洗顔料をやめて、化粧水は少しずつ肌に飲み込ませるイメージで丁寧にたっぷりと使いましょう。

うるおいを与えた後は乳液などでしっかりと蓋をします。
化粧水や乳液はさっぱりタイプを使っても構いませんが、あくまでも使う量はケチらないようにしましょう。
乾燥肌の方は肌に水分を蓄える力が弱っている場合が多いので、その点を補い、改善させる美容液を使うこともおすすめです。
面倒臭がりの方は保湿成分がたっぷり配合されたオールインワンジェルを使ってもいいでしょう。
そして日中は紫外線対策を必ず行います。
紫外線は肌の内部まで刺激して乾燥を促進させるのでUVケアは必至です。

乾燥性脂性肌をはじめとしたすべての乾燥肌は老化を進行させます。
表面のテカリに惑わされてケアを怠っていると数年後にはぐっと実年齢以上の肌になっているかもしれません。
きちんと自分の現状の肌状態を知り、その肌に合ったスキンケア商品を見つけましょう。