社会保険労務士に必要な教材

皆さんもご存知のように、社会保険労務士に合格するためには教材がとても重要です。
この教材の選び方一つで、勉強時間・勉強法が変わり、 はては合格にまで影響してきます。

一般的に知られている社会保険労務士の教材は、 「テキスト(基本書)」、
「問題集(過去問)」、「参考書(法令集など)」です。

しかし、社会保険労務士に必要な教材はそれだけではありません。
もう一つ重要な教材があります。
それが「講義(DVD)」です。

多くの方は、講義を聞かずテキストだけで、勉強しようとしてしまいがちです。
しかし、社会保険労務士のような複雑な法律では、
講義を視聴しながら学習しないと、知識を深く理解できません。

テキストの文字情報だけで勉強するとなると、 読解力が必要になりますし、
何より時間がかかり、挫折してしまいます。

そもそも、社会保険労務士のような難易度の高い試験に 講義も視聴せず、 テキストだけで勉強する事自体無理があるのです。

社会保険労務士に合格するためには、 学習量と時間、
そして学習テクニックが必要です。

そのためには、講義を視聴しながら、
効率良く正しい学習方法を学ばなくてはいけません。

そこで、このサイトでは、社会保険労務士の教材はどのように選べば良いのか 具体的に解説していきます。
そして、それを参考に、自分に一番合った社会保険労務士の教材を見つけてほしいと思います。

教材選びは、社会保険労務士になるための重要な第一歩ですので、
是非ここに書いてある情報をフル活用して合格を目指して下さい。

社労士で質の良い教材が見つかれば、
勉強法を学ばなければいけません。
まだどのように学習していけばよいのかわからない方は
是非参考にして下さい。
社労士の勉強法のロードマップ